1. HOME
  2. アダルの人々
  3. 小川 健太朗

企画開発室

Ogawa Kentaro

ものづくりに興味があり、2007年入社。東京支店と本社で経験を重ね、様々な商品を企画・製品化。発想の幅を広げるため、プライベートの趣味多数。ロードバイクやキャンプなどアウトドアな一面も。

  • Q1

    日頃のお仕事の内容は?
    イス・テーブル・ソファをはじめ、自社製品の企画・開発をメインで担当しています。具体的な企画に至るまでには、デザイントレンドや価格帯、そして競合他社の動きなどを細かく調査し、時代や社会のニーズを探り出すことに時間をかけます。その後でようやくデッサン・図面作成・試作という流れです。また、並行してカタログ制作も行っています。社外の方々との連携も多く、スケジュール・予算管理も重要な仕事のひとつです。
  • Q2

    企画開発のやりがいは?
    やはり、試行錯誤を重ねながら企画・開発した製品が世の中に出て、社会と人の役に立つことですね。その瞬間、すべてが報われた気持ちになり、また次のモチベーションにもつながります。同じ企画開発室のメンバーや、実際にカタチにしてくれた製造部のメンバーと喜びを共有できるところも大きなやりがいです。さらに最近では、日本の伝統素材「い草」の魅力を家具に活かし、守り継ぐために始まったプロジェクトにも携わっています。実際に田植えを行い、「い草」についての理解も深めながら家具の新たなデザイン表現を模索する。非常におもしろく、やりがいを感じます。今後も、革新的なプロジェクトに挑戦していきたいです。
  • Q3

    企画開発に向いている人とは?
    なかなか一言では難しいですが・・・好奇心の強さ、物事への関心の高さは必要だと思います。たくさんの方向にアンテナをはって、デザインだけでなく世の中の流れも常に意識しておくこと、意識するのが好きな人が向いているのではないでしょうか。そしてもちろん、根気強さも必要ですね(笑)。アイデアが出てこなくても開発に行き詰まっても、ブラッシュアップを繰り返して、失敗の経験も糧にして取り組み続けられる人ほど、どんどんレベルアップしていくと思います。
  • Q4

    今後の目標は?
    企画開発の仕事に携わっている限り、看板商品を開発することが大きな目標です。デザイン・品質・価格すべてのバランスが整い、長く愛され続ける「はたらく家具」を生み出していきたいですね。そして、世界で活躍するトップデザイナーとの共同開発も、挑戦してみたいことのひとつです。異なる経験・視点を持ち、思いもよらない発想から創造していくようなデザイナー達と一緒に開発を行い、世の中に求められる家具を送り出す。それまでには自分自身ももっと成長しておくことが必要ですが、考えるだけでワクワクします。

エントリーされる皆さんへ

  • エントリーされる皆さんへ

    入社して10年以上が経った現在でも学ぶことが山ほどあり、むしろ増えていくばかりですが、その分やりがいも大きく、挑戦していくことが本当におもしろいです。私が入社して実際に感じたのは、想像以上に何年も早く色々なことに取り組ませてもらえる環境だということ。自身が携わった企画の製品化や大型プロジェクトの担当など、意欲と努力があれば、次から次にチャレンジできます。一緒に仕事できる日を楽しみにしています。